ホーム > 新書 > ヒトラーの脱走兵

中公新書

ヒトラーの脱走兵

裏切りか抵抗か、ドイツ最後のタブー

對馬達雄 著

ナチス・ドイツ国防軍の脱走兵は、捕らえられて死刑判決を受けた者だけでも3万人以上と、英米に比べて際だって多い。その多くは戦闘中の逃亡ではない。民族殲滅に加担したくないという、生命をかけた抵抗であった。戦後、生き延びた脱走兵たちは久しく卑怯者と罵られ、存在までも否定されつづけるが、ついに軍法会議の不当な実態を暴き、名誉回復をなし遂げる。最後の脱走兵の生涯を通じて、人間の勇気と尊厳を見つめる。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/9/23
  • 判型新書判
  • ページ数296ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102610-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書