ホーム > 新書 > 物語 ビルマの歴史

中公新書

物語 ビルマの歴史

王朝時代から現代まで

根本敬 著

民主化運動の指導者アウンサンスーチー、壮麗なパゴダ、『ビルマの竪琴』などで知られ、潜在力の高い新興市場としても注目されるビルマ(ミャンマー)。王朝時代に始まり、イギリス植民地時代、日本軍による占領期。戦後の独立後は、ビルマ式社会主義、二三年間にわたる軍政期、そして二〇一一年に民政へ移管し、改革の進む現代まで。知られざる多民族・多言語・多宗教国家の歩みをたどり、未来を展望する。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/1/25
  • 判型新書判
  • ページ数472ページ
  • 定価1100円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102249-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・朝日新聞(朝刊)2021年2月8日/「天声人語」
・東京新聞(朝刊)2016年3月7日/藤川大樹(東京新聞外報部)
・しんぶん赤旗2014年5月18日
・日本経済新聞(朝刊)2014年3月23日/三重野文晴(京都大学准教授)
・日刊ゲンダイ2014年3月13日
・週刊東洋経済2014年3月1日号
・週刊読書人2014年1月3日



web中公新書