ホーム > 新書 > 菜根譚

中公新書

菜根譚

菜根譚

中国人の処世訓

湯浅邦弘 著

中国では長く厳しい乱世が多くの処世訓を生んだ。中でも最高傑作とされるのが、明末に著された『菜根譚』である。社会にあって身を処する世知と、世事を離れ人生を味わう心得の双方を記したこの書は、江戸期に和訳されて後、生涯の道を説くものとして多くの日本人の座右の書となった。本書では内容を精選して解説するとともに、背景となる儒教・仏教・道教の古典や故事、人物を丁寧に紹介、より深い理解へと読者を誘う。

書誌データ

  • 初版刊行日2010/2/25
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価902円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102042-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・読売新聞(夕刊)2020年8月7日/「よみうり寸評」


関連書籍

web中公新書