ホーム > ラクレ > 膨張GAFAとの闘い

中公新書ラクレ

膨張GAFAとの闘い

デジタル敗戦 霞が関は何をしたのか

若江雅子 著

GAFAにデータと富が集中している。日本がそれを易々と許した一因に、にわかに信じがたい法制度の不備がある。国内企業に及ぶ規制が海外勢には及ばない「一国二制度」や、EUに比べて遥かに弱い競争法やプライバシー規制、イノベーションを阻害する時代遅れの業法……。霞が関周辺にはそれらに気づき、抗おうとした人々がいた。本書はその闘いの記録であり、また日本を一方的なデジタル敗戦に終わらせないための処方箋でもある。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/6/9
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150732-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5