ホーム > 単行本 > 絵とはなにか

単行本

絵とはなにか

ジュリアン・ベル 著/長谷川宏 訳

古代から2000年代の現代アートまで、多数のカラー図版で具体例を挙げながら、近代に大きく変化した芸術の価値観を問い直す。根源的だからこそ新鮮な絵の見方を示す刺激に満ちた芸術思想史。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/2/21
  • 判型A5判
  • ページ数280ページ
  • 定価本体4200円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005167-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/07/16
『本業はオタクです。シュミも楽しむあの人の仕事術』刊行記念 劇団雌猫(ひらりささん・ユッケさん)トーク&サイン会のお知らせ
2019/07/12
『抽斗のなかの海』刊行記念 朝吹真理子さんトーク&サイン会のお知らせ
2019/07/08
『天使も怪物も眠る夜』刊行記念 吉田篤弘さんトーク&サイン会のお知らせ
2019/07/01
『あとは切手を、一枚貼るだけ』刊行記念 小川洋子さん×堀江敏幸さん トーク&サイン会のお知らせ
2019/06/17
澤田瞳子著『落花』が直木賞候補にノミネート

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5