ホーム > 単行本 > 情報と戦争

単行本

情報と戦争

古代からナポレオン戦争、南北戦争、二度の世界大戦、現代まで

ジョン・キーガン 著/並木均 訳

有史以来の情報戦の実態と無線電信発明以降の戦争の変化を分析、諜報活動と戦闘の結果の因果関係を検証しインテリジェンスの有効性について考察

書誌データ

  • 初版刊行日2018/11/9
  • 判型四六判
  • ページ数480ページ
  • 定価本体3800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005128-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/01/11
『画家のむだ歩き』刊行記念、牧野伊三夫さん作品展とトークイベントのお知らせ
2019/01/10
塩谷歩波著『銭湯図解』公式Websiteと、Twitterアカウント開設のお知らせ
2018/12/25
『いい女、ふだんブッ散らかしており』刊行記念 阿川佐和子さんサイン会
2018/12/18
『風景論-変貌する地球と日本の記憶』(港千尋著)出版記念トークイベントのお知らせ
2018/12/05
『雪の階』が柴田錬三郎賞、毎日出版文化賞W受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5