ホーム > 単行本 > 読書について

単行本

読書について

小林秀雄 著

「批評の神様」はどのように読み、書き、ものを見たのか。濫読や全集のすすめといった読書技法、良い文章とは何か、美しいものを見ることなど実用的アドバイスに溢れるエッセイ集成。

書誌データ

  • 初版刊行日2013/9/25
  • 判型B6判
  • ページ数192ページ
  • 定価本体1300円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004540-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/07/25
『死にがいを求めて生きているの』刊行記念 朝井リョウさんサイン会(9月28日)のお知らせ
2019/06/17
澤田瞳子著『落花』が直木賞候補にノミネート
2019/04/26
三浦しをん著『愛なき世界』が日本植物学会賞の特別賞を受賞
2019/04/16
『風景論』著者、港千尋さんが2019年日本写真協会賞 学芸賞を受賞
2019/02/17
塩谷歩波著『銭湯図解』公式Websiteと、Twitterアカウント開設のお知らせ

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5