ホーム > 単行本 > 月曜日は最悪だとみんなは言うけれど

単行本

村上春樹翻訳ライブラリー

月曜日は最悪だとみんなは言うけれど

村上春樹 編訳

R・カーヴァーの創作をめぐる〈文学的事件〉とは? T・オブライエンやJ・アーヴィング他、出会った作家達とのエピソードを交えて、新聞・雑誌記事からアメリカ文学界を読む。訳者最新エッセイも収録。

書誌データ

  • 初版刊行日2006/3/10
  • 判型新書判
  • ページ数380ページ
  • 定価本体1200円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-403497-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2017/10/16
『千の扉』刊行記念 柴崎友香さんトークイベントのお知らせ
2017/09/11
【追記あり】『盤上の向日葵』刊行記念 柚月裕子さん・加藤一二三さんトークイベントのお知らせ
2017/03/07
『近代皇族妃のファッション』お詫びと訂正
2016/04/01
幸田真音さん「大暴落 ガラ」YOL(ヨミウリ・オンライン)で好評連載中!
2015/12/18
『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が第32回織田作之助賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5