ホーム > 新書 > 戦前日本のポピュリズム

中公新書

戦前日本のポピュリズム

日米戦争への道

筒井清忠 著

現代の政治状況を表現するときに用いられる「ポピュリズム」。だが、それが劇場型大衆動員政治を意味するのであれば、日本はすでに戦前期に経験があった。日露戦争後の日比谷焼き打ち事件に始まり、怪写真事件、満洲事変、五・一五事件、天皇機関説問題、近衛文麿の登場、そして日米開戦。普通選挙と二大政党制は、なぜ政党政治の崩壊と、戦争という破滅に至ったのか。現代への教訓を歴史に学ぶ。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/1/22
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体920円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102471-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・新潮45・2018年3月号/平山周吉(雑文家)
・読売新聞(朝刊)2018年2月19日/著者インタビュー
・週刊現代2018年2月10日号



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/12/25
『観応の擾乱』ヒット記念 亀田俊和さんトークイベントのお知らせ
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞
2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5