ホーム > 新書 > 人口減少時代の土地問題

中公新書

人口減少時代の土地問題

「所有者不明化」と相続、空き家、制度のゆくえ

吉原祥子 著

日本の私有地の約20%で、所有者がわからない――。持ち主の居所や生死が判明しない土地の「所有者不明化」。この問題が農村から都市に広がっている。空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増前提だった日本の土地制度の矛盾の露呈だ。過疎化、面倒な手続き、地価の下落による相続放棄、国・自治体の受け取り拒否などで急増している。本書はその実情から、相続・登記など問題の根源、行政の解決断念の実態までを描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/7/20
  • 判型新書判
  • ページ数208ページ
  • 定価本体760円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102446-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2017年8月12日
・サンデー毎日2017年8月13日号/開沼博(立命館大学准教授)
・夕刊フジ2017年7月25日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/06/29
『入門 公共政策学』お詫びと訂正

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5