ホーム > 新書 > 観応の擾乱

中公新書

観応の擾乱

室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い

亀田俊和 著

観応の擾乱は、征夷大将軍・足利尊氏と、幕政を主導していた弟の直義との対立から起きた全国規模の内乱である。室町幕府中枢が分裂したため、諸将の立場も真っ二つに分かれた。さらに権力奪取を目論む南朝も蠢き、情勢は二転三転する。本書は、戦乱前夜の動きも踏まえて一三五〇年から五二年にかけての内乱を読み解く。一族、執事をも巻き込んだ争いは、日本の中世に何をもたらしたのか。その全貌を描き出す。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/7/20
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102443-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・産経新聞2017年8月12日
・週刊ポスト2017年8月18・25日号/山内昌之(明治大学特任教授)
・図書新聞2017年8月5日号
・公明新聞2017年8月7日
・夕刊フジ2017年8月4日
・夕刊フジ2017年7月27日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/06/29
『入門 公共政策学』お詫びと訂正

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5