ホーム > 新書 > バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史

中公新書

バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史

マーク・マゾワー/井上廣美 著

南東ヨーロッパに位置するバルカン半島。オスマン帝国時代、住民の多くを占める正教徒たちは平和裡に暮らしていた。19世紀、帝国が衰退すると、彼らは民族意識に目覚め、ギリシャ、セルビア、ブルガリアなどが独立を果たす。だがそれら新興国家に待ち受けていたのは、欧州列強の思惑と果てなき民族対立だった。ユーゴ紛争とともに20世紀が終わるまでを描いた、いま最も注目される歴史家の名著を翻訳。監修・村田奈々子。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/6/21
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価本体920円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102440-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊ダイヤモンド2017年8月5日/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)
・朝日新聞(朝刊)2017年7月23日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5