ホーム > 新書 > ショパン・コンクール

中公新書

ショパン・コンクール

最高峰の舞台を読み解く

青柳いづみこ 著

ポーランドのワルシャワで五年に一度開催されるショパン・コンクール。一九二七年の創設以来、紆余曲折を経ながらも多くのスターを生み出してきた。ピアニストをめざす若者の憧れの舞台であり、その結果は人生を大きく左右する。本書では、その歴史を俯瞰しつつ、二〇一五年大会の模様を現地からレポート。客観的な審査基準がない芸術をどう評価するか、日本人優勝者は現れるのか。コンクールを通して音楽界の未来を占う。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/9/20
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102395-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・東京新聞(夕刊)2017年1月12日
・ぴあクラシック2016/17年冬号/橘ララら
・日本経済新聞(夕刊)2016年11月24日/井上章一(風俗史家)
・産経新聞2016年11月20日/桑原聡(産経新聞文化部編集委員)
・信濃毎日新聞2016年11月13日ほか(共同通信配信)/青澤隆明(音楽評論家)
・日本経済新聞(朝刊)2016年11月13日/著者インタビュー
・中央公論2016年12月号
・文藝春秋2016年12月号
・東京新聞(夕刊)2016年10月29日/著者インタビュー
・サンデー毎日2016年10月30日号/岡崎武志(ライター)
・ぶらあぼ2016年11月号



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/03/21
白波瀬達也さん『貧困と地域』刊行記念トークイベントのお知らせ

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5