ホーム > 新書 > 南方熊楠

中公新書

南方熊楠

日本人の可能性の極限

唐澤太輔 著

百科事典を丸ごと暗記、二十以上の言語を解した、キューバ独立戦争参戦といった虚実さまざまな伝説に彩られ、民俗学、生物学などに幅広く業績を残した南方熊楠。「てんぎゃん(天狗さん)」とあだ名された少年時代、大英博物館に通いつめた海外放浪期。神社合祀反対運動にかかわり、在野の粘菌研究者として昭和天皇に進講した晩年まで。「日本人の可能性の極限」を歩んだ生涯をたどり、その思想を解き明かす。

書誌データ

  • 初版刊行日2015/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数304ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102315-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本農業新聞2017年6月11日/星野耕士(丸善京都本店副店長)
・週刊読書人2017年1月6日号/村田紗耶香(作家)
・歴史街道2015年10月号/著者インタビュー
・WiLL2015年8月号
・日経産業新聞2015年6月19日/太田肇(同志社大学教授)
・公明新聞2015年6月22日
・読売新聞(朝刊)2015年6月14日
・図書新聞2015年5月23日
・夕刊フジ2015年5月16日
・日本経済新聞(朝刊)2015年5月10日



web中公新書