ホーム > 新書 > ヒトラー演説

中公新書

ヒトラー演説

熱狂の真実

高田博行 著

ナチスが権力を掌握するにあたっては、ヒトラーの演説力が大きな役割を果たした。ヒトラーの演説といえば、声を張り上げ、大きな身振りで聴衆を煽り立てるイメージが強いが、実際はどうだったのか。聴衆は演説にいつも熱狂したのか。本書では、ヒトラーの政界登場からドイツ敗戦までの二五年間、一五〇万語に及ぶ演説データを分析。レトリックや表現などの面から煽動政治家の実像を明らかにする。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/6/25
  • 判型新書判
  • ページ数304ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102272-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・朝日新聞(夕刊)2018年6月7日/池澤夏樹
・毎日新聞(朝刊)2017年10月22日/余録
・ドイツ文学2016年3月号/斉藤渉
・日刊ゲンダイ2015年6月2日
・女性会議・女のしんぶん2015年5月10日号
・ドイツ文学論攷2015年号/脇阪豊
・読売新聞(夕刊)2015年2月2日
・ことばと社会2014年号/安田敏朗・名和克郎
・週刊現代2014年11月8日号/溝口敦(ノンフィクション作家)
・毎日新聞(朝刊、京都版)2014年10月12日/松井豊
・しんぶん赤旗2014年9月21日/望田幸男(同志社大学名誉教授)
・日刊ゲンダイ2014年9月20日/五野井郁夫(国際政治学者)
・正論2014年10月号/磨井慎吾
・公明新聞2014年8月18日/東照二(立命館大学教授)
・図書新聞2014年8月16日/岡一雅(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店)
・日経ビジネスアソシエ2014年9月号
・文藝春秋2014年9月号
・中央公論2014年9月号/田中克彦(言語学者・一橋大学名誉教授)
・岩手日報2014年8月3日ほか/鈴木健(明治大学教授)
・読売新聞(朝刊)2014年8月3日
・週刊ダイヤモンド2014年8月2日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)
・産経新聞2014年7月27日/著者インタビュー
・北海道新聞(夕刊)2014年7月25日/二階堂敏文(北海道新聞東京報道センター長兼論説委員)
・夕刊フジ2014年7月11日


web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2019/08/05
『老いと記憶』が啓文堂大賞(新書部門)を受賞
2019/06/18
中公新書『外国人が見た日本』(内田宗治著)が「旅の良書2019」に選出
2019/02/16
『リサイクルと世界経済』が第35回大平正芳記念賞特別賞を受賞
2019/02/13
『日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実』が「新書大賞2019」を受賞
2019/02/04
『戦国日本と大航海時代』が第31回「和辻哲郎文化賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5