ホーム > 新書 > バチカン近現代史

中公新書

バチカン近現代史

ローマ教皇たちの「近代」との格闘

松本佐保 著

フランス革命以降、「政教分離」を推進する近代国家の登場で、ローマ教皇は領土や権威を失っていく。20世紀に入り、教皇はイタリア政治に介入し続け、ムッソリーニの思惑もあり、バチカン市国が成立する。その後バチカンは、「反宗教」の共産主義を常に敵視。ナチスに秋波を送り、戦後は米国に接近、「人権外交」を繰り広げ、それは「東欧革命」に繋がった。本書は、カトリック総本山バチカンの生き残りを賭けた200年を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2013/6/25
  • 判型
  • ページ数288ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102221-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
書評掲載案内
朝日新聞(夕刊)2013年12月24日/渡辺靖(慶應義塾大学教授)


web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5