ホーム > 新書 > 科学者という仕事

中公新書

科学者という仕事

独創性はどのように生まれるか

酒井邦嘉 著

多くの研究者には、共通した考え方や真理に対する独特のこだわりがある。アインシュタイン、ニュートン、チョムスキー、朝永振一郎、キュリー夫人らが残してくれた、真理を鋭く突き、そして美しい言葉を手がかりに、独創性がどのように生まれるかを考えてみよう。科学者という仕事を通して科学研究の本質に触れることは、「人間の知」への理解を深めることにつながるだろう。第一線の研究者によるサイエンスへの招待。

書誌データ

  • 初版刊行日2006/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価本体780円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-101843-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・奈良女子大学学術情報センター報第7号/星野聡子(奈良女子大学研究院生活環境科学系スポーツ健康科学領域准教授)


関連書籍

web中公新書