ホーム > 新書 > 二・二六事件 増補改版

中公新書

二・二六事件 増補改版

「昭和維新」の思想と行動

高橋正衛 著

昭和十一年二月二十六日、降りしきる雪を蹴って決行された青年将校たちのクーデターの結果は全員処刑により終った。本書は、多くの資料によって事件の経過を再現し、彼らが意図した「昭和維新」「尊王攘夷」の意味を探り、軍隊のもつ統帥権意識を解釈の軸として、昭和初期からの農村の疲弊に喘ぐ社会との反応、軍部の政治への結合と進出の過程を追う。なお、改版に当り「命令・服従」という日本軍隊の特性について増補・加筆する。

書誌データ

  • 初版刊行日1994/2/25
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-190076-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書