ホーム > 新書 > ワイマル共和国

中公新書

ワイマル共和国

ヒトラーを出現させたもの

林健太郎 著

ワイマル共和国史は、第一次大戦後からナチスが政権を取るまでのドイツの歴史である。・史上最大の民主的憲法・をもつこのワイマル共和国がわずか十四年あまりで潰えざるを得なかったのはなぜか。そしてその中から、ナチスのような怪物が出現した原因はどこにあるのか。この十四年の不幸な時代の歴史を担ったエーベルト、グレーナー、ローザ・ルクセンブルク、ノスケ、シュトレーゼマン等々の人間像に焦点をあてつつ、その解答を試みる。

書誌データ

  • 初版刊行日1963/11/20
  • 判型新書判
  • ページ数232ページ
  • 定価本体760円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100027-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5