ホーム > ラクレ > AI倫理

中公新書ラクレ

AI倫理

人工知能は「責任」をとれるのか

西垣通/河島茂生 著

2045年、シンギュラリティ(技術的特異点)が訪れ、AIが人間よりも正確で賢明な判断を下せるようになる、という仮説がある。では、「超知性体」となったAIがあやまちを犯し、自動運転車が暴走したり、監視カメラ等が集めたデータによって差別的な評価選別が行われたりしたとき、誰が責任をとるのか。そもそも、AIが人間を凌駕するという予測は正しいのか。来るべきAI社会を倫理的側面から徹底的に論じた初めての書。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/9/9
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150667-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5