ホーム > 新書 > 台湾のデモクラシー

中公新書

台湾のデモクラシー

台湾のデモクラシー

メディア、選挙、アメリカ

渡辺将人 著

権威主義体制が長く続いた台湾。1996年に総統の直接選挙が始まり、2000年には国民党から民進党への政権交代が実現した。今や「民主主義指数」でアジア首位に立つ。中国の圧力に晒されながら、なぜ台湾の民主主義は強靭なのか。また弱点はどこにあるか。白熱する選挙キャンペーン、特異なメディア環境、多様な言語と文化の複雑さ、そしてあらゆる点で大きな影響を及ぼすアメリカとの関係に注目し、実態を解き明かす。

書誌データ

  • 初版刊行日2024/5/22
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価1188円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102803-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書