ホーム > 新書 > 宗教図像学入門

中公新書

宗教図像学入門

十字架、神殿から仏像、怪獣まで

中村圭志 著

十字架、仏像、モスク、曼荼羅、地獄絵図、神話の神々、竜――。シンボルマークや聖なる空間、絵画、彫刻、映画などによって形成された「イメージ」は、教義と並ぶ宗教の重要な特徴だ。それを分析する技法が宗教図像学である。本書では、ユダヤ教、キリスト教、仏教をはじめ、世界の主な宗教の図像学的知識を一挙解説。「天界の王族」「聖なる文字」などのトピックごとに、奥深い宗教文化の魅力を余すことなく紹介する。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/10/18
  • 判型新書判
  • ページ数280ページ
  • 定価1056円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102668-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・東京新聞(夕刊)2021年11月25日
・産経新聞2021年11月21日/青木奈緒(文筆家)



関連書籍

web中公新書