ホーム > 新書 > 院政 増補版

中公新書

院政 増補版

もうひとつの天皇制

美川圭 著

院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。平安後期に白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。承久の乱で敗れて朝廷の地位は低下したが、院政自体は変質しながらも江戸末期まで存続する。上皇が権力を行使できたのはなぜか。その権力構造はいかなるものだったか。ロングセラーに終章「院政とは何だったのか」を収録し、人名索引を付した決定版。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/4/20
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-191867-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書