ホーム > 新書 > 現代音楽史

中公新書

現代音楽史

闘争しつづける芸術のゆくえ

沼野雄司 著

長い歴史をもつ西洋音楽は、二十世紀に至って大きく変貌する。シェーンベルクやストラヴィンスキーに始まり、ジョン・ケージ、武満徹、バーンスタイン......。多くの作曲家が既存の音楽の解体をめざして無調、十二音技法、トーン・クラスター、偶然性の音楽などといったさまざまな技法を開発し、音の実験を繰り広げた。激動する政治や社会、思想を反映しながら時代との闘争を続ける「新しい」音楽のゆくえとは。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/1/19
  • 判型新書判
  • ページ数296ページ
  • 定価本体900円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102630-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・東京新聞・中日新聞(朝刊)2021年2月20日/栗原裕一郎(評論家)
・週刊読書人2021年1月1日号/編集部による紹介記事



web中公新書