ホーム > 新書 > リベラルとは何か

中公新書

リベラルとは何か

17世紀の自由主義から現代日本まで

田中拓道 著

現代のリベラルは「すべての個人が自由に生き方を選択できるよう、国家が一定の再分配を行うべきだ」と考える。リベラルは17世紀ヨーロッパの自由主義から思想的刷新を重ね、第二次世界大戦後は先進諸国に共通する政治的立場となった。しかし20世紀後半の新自由主義や近年のポピュリズムなどの挑戦を受け、あり方の模索が続く。本書は理念の変遷と現実政治の展開を丁寧にたどり、日本でリベラルが確立しない要因にも迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/12/22
  • 判型新書判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102621-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊読書人2021年1月1日号/自著紹介


web中公新書