ホーム > 新書 > コーヒーが廻り 世界史が廻る

中公新書

コーヒーが廻り 世界史が廻る

コーヒーが廻り 世界史が廻る

近代市民社会の黒い血液

臼井隆一郎 著

東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合い、・自由・平等・博愛・を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。

書誌データ

  • 初版刊行日1992/10/15
  • 判型新書判
  • ページ数248ページ
  • 定価748円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-101095-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2020年9月5日/酒井啓子(中東政治研究者)
・ダ・ヴィンチ2019年12月号/嬉野雅道(『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター)



web中公新書