ホーム >  全集  > 哲学の歴史 9

全集

哲学の歴史 9

哲学の歴史 9

反哲学と世紀末

須藤訓任 編

ドイツ語圏から三名の巨人が現れました。西洋哲学の本流を形成してきた合理主義は根底的な批判にさらされ、神や形而上学や主体は死亡宣告を受けました。いずれも現実を変える力をもった劇薬のような思想です。その影響は現代にあってもきわめて大きく、清算あるいは葬送されるどころか、われわれにいっそうの精読・再読を要求しています。本巻では、わが国の哲学や社会科学との縁の深い新カント学派やM・ヴェーバーなども扱われます。

書誌データ

  • 初版刊行日2007/8/10
  • 判型新書判
  • ページ数752ページ
  • 定価本体3500円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-403526-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5