ホーム > 電子書籍 > 双調平家物語7

電子書籍

双調平家物語7

双調平家物語7

保元の巻

橋本治 著

白河院崩御の後、御世を掌握した鳥羽院。崇徳帝は御位を逐われ、近衛帝の即位によって「国母」となった鳥羽院の寵姫藤原得子は、皇后の位を贈られる。得子の勢威がさらに強まると確信した摂政忠通は、崇徳院との通いを絶ち、得子に仕えることを選ぶ。一方、鳥羽院のご威光は崇徳院に伝えられると思う内大臣頼長は、崇徳院との好誼を深める。「朕が亡き後は、さぞかし世は乱れるであろう」──そして世は保元の乱へと進む。

書誌データ

  • 配信開始日2009/10/25
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体952円(税別)
[an error occurred while processing this directive]