ホーム > 電子書籍 > 春の戴冠4

電子書籍

春の戴冠4

春の戴冠4

辻邦生 著

〈虚飾を焼け、虚栄を打て〉メディチ家を糾弾する修道士サヴォナローラの舌鋒にフィオレンツァ市民は次第に酔いしれ、熱狂していくのだった。盛りを過ぎた大輪の花が散り急ぐかのように花の都の春が終わりを迎えるのをひしひしと感じる「私」だが――ボッティチェルリの生涯とルネサンスの春を描いた長篇歴史ロマン堂々完結。

書誌データ

  • 配信開始日2008/10/24
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体650円(税別)
[an error occurred while processing this directive]