ホーム > 新書 > 帝国日本のプロパガンダ

中公新書

帝国日本のプロパガンダ

帝国日本のプロパガンダ

「戦争熱」を煽った宣伝と報道

貴志俊彦 著

日清戦争に始まり、アジア太平洋戦争の敗北で終わった帝国日本。日中開戦以降、戦いは泥沼化し、国力を総動員するため、政府・軍部・報道界は帝国の全面勝利をうたい、プロパガンダ(政治宣伝)を繰り広げた。宣伝戦はどのように先鋭化したか。なぜ国民は報道に熱狂し、戦争を支持し続けたのか。錦絵、風刺画、絵葉書、戦況写真、軍事映画など、戦争熱を喚起したビジュアル・メディアから、帝国日本のプロパガンダ史を描きだす。

書誌データ

  • 初版刊行日2022/6/21
  • 判型新書判
  • ページ数232ページ
  • 定価924円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102703-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書