ホーム > 新書 > 新版 大化改新

中公新書

新版 大化改新

新版 大化改新

「乙巳の変」の謎を解く

遠山美都男 著

皇極四年(六四五)、中大兄皇子と中臣鎌足は蘇我蝦夷・入鹿父子を武力で排除した。この乙巳の変が国政改革「大化改新」の序幕だったという筋書きはあまりにも有名である。だが、これに関して残された史料は中大兄・鎌足中心に事件を描く極めて偏ったものだった。クーデターの真の目的は何か。その首謀者は誰だったのか。本書は、王位継承をめぐる路線対立に着目して旧版を大幅改稿し、熾烈な権力闘争の内実に迫るものである。

書誌データ

  • 初版刊行日2022/5/23
  • 判型新書判
  • ページ数360ページ
  • 定価1056円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102699-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内


・東京新聞(朝刊)2022年6月25日





関連書籍

web中公新書