ホーム > 新書 > 戦後日本の安全保障

中公新書

戦後日本の安全保障

戦後日本の安全保障

日米同盟、憲法9条からNSCまで

千々和泰明 著

中国の台頭、アメリカの後退、そしてロシアの暴走。国際環境は厳しさを増し、日本が安全保障で果たすべき責任は重くなっている。しかし日本では憲法をはじめ、一度でき上がった独特な仕組みをなかなか変えられない。危機の時代にふさわしい防衛の姿とは。日米安保条約、憲法第9条、防衛大綱、ガイドライン、NSC(国家安全保障会議)という重要トピックの知られざる歴史をたどり、日本の安全保障の「常識」を問い直す。

書誌データ

  • 初版刊行日2022/5/23
  • 判型新書判
  • ページ数296ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102697-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内


・朝雲新聞2022年5月26日





関連書籍

web中公新書