ホーム > 新書 > 原敬

中公新書

原敬

「平民宰相」の虚像と実像

清水唯一朗 著

初の「平民」首相として、本格的政党内閣を率いた原敬。戊辰戦争で敗れた盛岡藩出身の原は苦学を重ね、新聞記者を経て外務省入省、次官まで栄進する。その後、伊藤博文の政友会に参加、政治家の道を歩む。大正政変、米騒動など民意高揚の中、閣僚を経て党の看板として藩閥と時に敵対、時に妥協し改革を主導。首相就任後、未来を見据えた改革途上で凶刃に倒れた。独裁的、権威的と評されるリアリスト原の軌跡とその真意を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/9/21
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102660-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・サンデー毎日2021年10月17日号
・読売新聞(朝刊)2021年10月2日/橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
・週刊ポスト2021年10月15・22日号



関連書籍

web中公新書