ホーム > 新書 > 日本の先史時代

中公新書

日本の先史時代

旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす

藤尾慎一郎 著

日本史の教科書で最初に出てくる、旧石器・縄文・弥生・古墳時代。三万六〇〇〇年に及ぶ先史の時代区分は、明治から戦後にかけて定着していった。しかし近年、考古学の発展や新資料の発掘に伴い、それぞれの時代の捉え方は大きく塗りかえられている。本書では、各時代の「移行期」に焦点を当て、先史の実像を描き出す。人びとの定住、農耕の開始、祭祀、「都市」の出現、前方後円墳の成立――。研究の最前線を一望する決定版。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/8/19
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価1034円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102654-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・毎日新聞(朝刊)2021年11月6日
・朝日新聞(朝刊)2021年10月2日/宮代栄一(朝日新聞社編集委員)
・週刊朝日2021年9月24日号/平山瑞穂



web中公新書