ホーム > 新書 > ロヒンギャ危機―「民族浄化」の真相

中公新書

ロヒンギャ危機―「民族浄化」の真相

中西嘉宏 著

ロヒンギャは、ミャンマー西部に住むイスラーム系民族のひとつだ。軍事政権下、国籍が与えられないなど長く差別されてきた。2017年の国軍による掃討作戦以降、大量の難民が発生し、現在100万人が隣国のキャンプで暮らす。民主化運動の指導者アウンサンスーチーはなぜ「虐殺」を否定するのか。本書は、複雑な歴史的背景やミャンマーをめぐる国内・国際政治を通し、アジア最大の人道・人権問題の全貌を示す。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/1/19
  • 判型新書判
  • ページ数272ページ
  • 定価968円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102629-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・読売新聞(朝刊)2021年4月4日/飯間浩明(国語辞典編纂者)
・朝日新聞(朝刊)2021年3月20日/五十嵐誠(朝日新聞元ヤンゴン支局長)
・日本経済新聞(朝刊)2021年3月13日
・毎日新聞(朝刊)2021年2月20日/岩間陽子(国際政治学者・政策研究大学院大学教授)



web中公新書