ホーム > 新書 > ビザンツ帝国

中公新書

ビザンツ帝国

千年の興亡と皇帝たち

中谷功治 著

アジアとヨーロッパをつなぐ首都コンスタンティノープルを中心に、千年以上にわたる歴史を刻んだビザンツ帝国。ローマ帝国の継承国家として地中海に覇を唱えた4世紀頃から、イスラム勢力や十字軍に翻弄される時期を経て、近代の到来目前の1453年に力尽きた。賢帝や愚帝がめまぐるしく登場し、過酷な政争や熾烈な外交および戦争を展開する一方、多様な文化が花開いた。波瀾万丈の軌跡をたどり、この帝国の内実を描き出す。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/6/23
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体940円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102595-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊ダイヤモンド2020年8月8・15日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)
・日本経済新聞(朝刊)2020年7月11日



web中公新書