ホーム > 新書 > 考えることの科学

中公新書

考えることの科学

推論の認知心理学への招待

市川伸一 著

日常生活での思考は推論の連続といえる。その多くは論理形式に従うより、文脈情報に応じた知識を使ったり、心の中のモデルを操作してなされる。現実世界はまた、不確定要素に満ちているので、可能性の高さを直観的に判断して行動を決めている。推論はさらに、その人の信念や感情、他者にも影響される。推論の認知心理学は、これら人間の知的能力の長所と短所とをみつめ直すことによって、それを改善するためのヒントを与えてくれる。

書誌データ

  • 初版刊行日1997/2/25
  • 判型新書判
  • ページ数200ページ
  • 定価836円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-101345-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・情報処理2020年1月号/戸田貴久(電気通信大学准教授)


web中公新書