ホーム > 新書 > 太平洋戦争(上)

中公新書

太平洋戦争(上)

児島襄 著

民族の興廃を賭け、二五〇万の尊い人命を失って敗れた太平洋戦争は、日本人にとってなんであったか。単なる回想や懴悔の対象であってよいであろうか。そのために著者は、何よりも戦争をして戦争を語らせようと努めて五年の歳月を費やし、国内資料の渉猟はもちろん、アメリカへ調査に渡り、南洋諸島、東南アジア各国の旧戦場を隈なく訪ね、相戦った双方の資料を突き合わせて戦争の赤裸な姿を再現する。毎日出版文化賞受賞。

書誌データ

  • 初版刊行日1965/11/24
  • 判型新書判
  • ページ数340ページ
  • 定価1012円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100084-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2020年6月1日/山田剛(日本経済新聞シニア・ライター)


関連書籍

web中公新書