Comment

著者・イラストレーターコメント一覧

  • 聖刻群龍伝  龍睛の刻1 

    千葉暁 著
    「龍睛の刻」開幕!  ひと言で本巻を顕せば「巨星堕つ!」というところでしょうか。  二巻続けて合戦シーンですが、前巻の《蛮人王戦》とはまったく違う内容になりました。  何が違うかは・・・
  • 夜を歩けば2  ガテラルデイズ 

    あやめゆう 著
    シリーズ第二弾です。 犬も歩けば棒に当たるスタイルで夜を歩けば人が死ぬシリーズ、 実を言えば自分で書いた話なのに、ジャンルに困っていました。 推理小説や探偵小説だなんて口が裂けても・・・
  • 花とまがびと  朔月京物の怪語り 

    沙藤菫 著
    こんにちは。沙藤菫です。 朔月京物の怪語りの第二巻「花とまがびと」を、無事お届けできて、とても嬉しいです。 物事を始める時、よく、ゼロからのスタート、だなんて言いますけれど、こ・・・
  • 日中開戦1  ダブル・ハイジャック 

    大石英司 著
     日本外交にとって最重要課題は何か? と問えば、おそらく百人に問えば九割の人間が、「日米関係」であり、「日米同盟」だと答えるでしょう。しかしこれは、錯覚です。  日本にとって、この・・・
  • 白き帽子の放浪者 

    戒能靖十郎 著
     おひさしぶりです。戒能です。  前作の執筆中に7キロほど太り、これはいかんとダイエットに励んで元に戻したものの、今作の執筆中に見事なリバウンドをして11キロほど太りました。こいつ・・・
  • 孤島の夜明け  蒼穹に響く銃声と終焉の月 

    九条菜月 著
     一巻を書き始めた辺りでは、最終巻は遠いな......と思っていたので すが、気付けばもう完結です。  初めから読み直してみて、一番成長したなと思ったのはバシュレでした。あんなにダ・・・
  • 八百万の神に問う4  冬 

    多崎礼 著
    ついに最終巻です。 『出会いの春』、『成長の夏』、『実りの秋』ときて、最後は『別れの冬』となります。 この『八百万の神に問う』は、私にとって初挑戦の和風世界でした。なので最初は不・・・
  • 夜を歩けば1  ザクロビジョン 

    あやめゆう 著
    新シリーズです。 前作、前々作と異世界ファンタジーを書かせていただきましたが、 今作は現代劇です。ただしちょっとファンタジー。 本作には《異能者》と呼ばれる超能力者のような人たち・・・
  • 白冥の獄2 上  霊域の秘密 

    ジン・ヘイル 著 原島文世 訳
    一年ぶりになりましたが、〈白冥の獄〉の完結編をお届けします!  全寮制の名門男子校で、呪われていると噂の上級生ハビエルと同室になった編入生キラーム。惹かれたり反発したりしながら親し・・・
  • 謎の沈没船を追え! 下 

    大石英司 著
     私が少年時代、ノストラダムスの大予言が一大ブームになりました。そのブームは映画にまでなるのですが、地方に暮らす無垢な少年だった私は、「この世の終わり」という予言に怯え、トラウマに・・・

過去のコメントアーカイブ

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター