ホーム >  中公選書  > 平成の経済政策はどう決められたか

中公選書

平成の経済政策はどう決められたか

平成の経済政策はどう決められたか

アベノミクスの源流をさぐる

土居丈朗 編著

21世紀最初の二〇年間の日本の経済政策は、財政健全化とデフレ脱却を追求し続けてきたといえる。そこでは次々に襲いかかる危機の克服に経済学の知恵が問われた。官邸主導で展開されたアベノミクスも例外ではない。小泉内閣以降、経済政策の立案に加わった五人の経済学者、伊藤隆敏、岩田一政、大田弘子、竹中平蔵、吉川洋の各氏との対談を通じて得た現場での議論を踏まえ、現在行われている政策の核心に迫り、今後の課題をあぶり出す。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/5/8
  • 判型四六判
  • ページ数360ページ
  • 定価本体1800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-110107-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5