ホーム > 新書 > 長篠合戦

中公新書

長篠合戦

長篠合戦

鉄砲戦の虚像と実像

金子拓 著

一五七五年、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼率いる軍勢が激突した長篠合戦。足軽鉄砲隊の一斉射撃という信長の新戦法により、武田の誇る騎馬隊が潰滅した、画期的な戦いとして知られる。小説や映像で繰り返し描かれるこの鮮烈なイメージは、どのように形作られてきたのか。伝来する合戦図屏風ほか、様々な関連史料を検証し、虚飾に彩られた決戦の実像に迫る。最新研究をふまえて提示する、長篠合戦論の総決算。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102785-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・歴史街道2024年3月号
・毎日新聞2024年1月27日
・朝日新聞2024年1月13日/田中大喜(国立歴史民俗博物館准教授)



web中公新書