ホーム > 新書 > 足利将軍たちの戦国乱世

中公新書
足利将軍たちの戦国乱世

足利将軍たちの戦国乱世

応仁の乱後、七代の奮闘

山田康弘 著

足利将軍家を支える重臣たちの争いに端を発した応仁の乱。その終結後、将軍家は弱体化し、群雄割拠の戦国時代に突入する。だが、幕府はすぐに滅亡したわけではない。九代義尚から十五代義昭まで、将軍は百年にわたり権威を保持し、影響力を行使したが、その理由は何か――。歴代将軍の生涯と事績を丹念にたどり、各地の戦国大名との関係を解明。「無力」「傀儡」というイメージを裏切る、将軍たちの生き残りをかけた戦いを描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/8/21
  • 判型新書判
  • ページ数248ページ
  • 定価924円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102767-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2023年9月16日/ランキング
・朝日新聞(朝刊)2023年9月16日/田中大喜(国立歴史民俗博物館准教授)
・毎日新聞(朝刊)2023年9月2日/ランキング
・産経新聞(朝刊)2023年8月23日/ランキング



web中公新書