ホーム > 新書 > アケメネス朝ペルシア― 史上初の世界帝国

中公新書

アケメネス朝ペルシア― 史上初の世界帝国

阿部拓児 著

2500年前、アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸にまたがる「史上初の世界帝国」として君臨したアケメネス朝ペルシア。エジプト侵攻やペルシア戦争など征服と領土拡大をくり返し、王はアフラマズダ神の代行者として地上世界の統治に努めた。古代オリエントで栄華を極めるも、アレクサンドロス大王によって滅ぼされ、220年の歴史は儚く幕を閉じた。ダレイオス1世ら9人の王を軸に、大帝国の全貌と内幕を描き出す。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/9/21
  • 判型新書判
  • ページ数280ページ
  • 定価968円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102661-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・産経新聞2021年10月10日


web中公新書