ホーム > 新書 > 韓国社会の現在

中公新書

韓国社会の現在

超少子化、貧困・孤立化、デジタル化

春木育美 著

若者の就業率、教育費負担、男女の賃金格差など先進国の中で〝最悪〟の数値を示す韓国。特に「圧縮した近代」の結果、1を切った出生率、60%が無年金者という高齢者の貧困率・自殺率は深刻だ。他方で問題解決のため大胆な政策を即実行し、デジタル化などは最先端を行く。本書は少子高齢化、貧困・孤立化、デジタル化、教育、ジェンダーを柱に、深刻化した現状と打開への試行錯誤を描く。韓国の苦悩は日本の近未来でもある。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/8/21
  • 判型新書判
  • ページ数280ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102602-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書