ホーム > 新書 > 対象喪失

中公新書

対象喪失

悲しむということ

小此木啓吾 著

肉親との死別・愛の喪失・転勤・浪人等々、日ごろ馴れ親しんだ対象を失ったとき、その悲しみをどう耐えるかは、人間にとって永遠の課題である。ところが現代社会はいつのまにか、悲しむことを精神生活から排除してしまい、モラトリアム人間の時代を迎えて「悲しみを知らない世代」が誕生し、いたずらに困惑し、絶望にうちひしがれている。本書は具体例によって悲哀の心理過程と悲哀の意味を説き、自立することへの関係に及ぶ。

書誌データ

  • 初版刊行日1979/11/21
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体680円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100557-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

日刊ゲンダイ2014年3月19日

web中公新書