ホーム > ラクレ > 没落官僚

中公新書ラクレ

没落官僚

国家公務員志願者がゼロになる日

中野雅至 著

「ブラック霞が関」「忖度」「官邸官僚」「経産省内閣」といった新語が象徴するように、片やスーパーエリート、片や「下請け労働者」という二極化が進む。地道にマジメに働く「ふつうの官僚」が没落しているのだ。90年代~推進された政治主導は成功だったのか? 著者は元労働省キャリアで、公務員制度改革に関わってきた行政学者。実体験をおりまぜながら、「政官関係」「天下り」「東大生の公務員離れ」等の論点から“嵐”の改革30年間を総括する。

書誌データ

  • 初版刊行日2024/7/8
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150818-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報