ホーム >  全集  > 浮世床

全集

浮世床

ワイド版 マンガ日本の古典30

浮世床

古谷三敏 著

大真面目にして少し珍妙、浮世の人情髪結床。庶民の社交場を舞台に江戸下町の雰囲気を写し取る、式亭三馬の代表作を再現。『浮世床』は式亭三馬(安永五~文政五[西暦一七七六~一八二二]年)による江戸滑稽本の代表作である。江戸浅草に生れた三馬は一八歳で戯作の執筆を始めた。寛政の改革期に筆禍事件に巻き込まれるとかえって文名は高まり、文化七(一八一〇)年には仙方延寿丹の売薬店を開業、翌年に売り出したおしろいのはげぬ薬「江戸の水」は大評判となり、さらに本業でも『浮世風呂』などによって人気を高めて、山東京伝と並び称されるようになった。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/7/8
  • 判型A5判
  • ページ数274ページ
  • 定価1650円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-403628-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5