ホーム >  全集  > 東海道中膝栗毛

全集

東海道中膝栗毛

ワイド版 マンガ日本の古典29

東海道中膝栗毛

土田よしこ 著

滑稽旅行話の典型として多くの模倣作を生んだ『東海道中膝栗毛』は十返舎一九(明和二~天保二[西暦一七六五~一八三一]年)の手になる滑稽本で、発端、初編から八編までの一八冊からなる。初編の「浮世道中膝栗毛」は享和二(一八〇二)年に、八編の上中下が文化六(一八〇九)年、発端が実は一番遅く文化一一(一八一四)年に刊行されている。 栃面屋弥次郎兵衛と元旅役者の喜多八が伊勢参宮を思い立つことから始まる東海道の旅は行く先々で失敗や滑稽談を重ね、併せて街道筋や市中の風俗が描かれる。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/7/8
  • 判型A5判
  • ページ数272ページ
  • 定価1650円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-403627-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5