ホーム >  全集  > 雨月物語

全集

雨月物語

ワイド版 マンガ日本の古典28

雨月物語

木原敏江 著

情愛が昂じて怪奇を成す物語。上田秋成の幻想美が繊細な筆致で甦る。「菊花の約」「浅茅が宿」「吉備津の釜」「蛇性の婬」の四篇。『雨月物語』は上田秋成(享保一九~文化六[西暦一七三四~一八〇九]年)の手になる怪談小説集で初稿は昭和五(一七六八)年に成立したが推敲を重ね、出版されたのは八年後の安永五(一七七六)年。漢文による序と五巻九篇からなり、中国白話小説によって、想を構えた。白話とは口語文のことで、秋成は原作の持つ話術を洗練し、物語の幻想的な場面を生かした流麗な文章の雅文で綴っていくなかで、軽薄な世間に対する警告の意味をも含ませた。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/7/8
  • 判型A5判
  • ページ数274ページ
  • 定価1650円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-403626-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5