ホーム > 単行本 > 松本清張推理評論集

単行本

松本清張推理評論集

1957-1988

松本清張 著

戦後推理界に「社会派」の領域を拓いた巨匠による、知られざる論跡の全貌――『黒い手帖』ほか単行本・全集にはこれまで未収録だった、貴重なミステリ評論38篇(+α)を初集成。「戦前」と「戦後」、「本格派」と「社会派」の間で、彼はいかに格闘し、現在に至る歴史を創りあげたのか? ミステリ史のみならず、現代日本文学史の空白をも埋める一冊。没後三十年記念出版。【目次】Ⅰ ミステリ論(~1965)Ⅱ 作家論――森鴎外からジョルジュ・シムノンまでⅢ ミステリ論(1965~)解説・巽昌章

書誌データ

  • 初版刊行日2022/7/20
  • 判型四六判
  • ページ数384ページ
  • 定価2750円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005546-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: